データの境界

なんちゃって理系がデータ分析業界に入ってからの汗と涙の記録。

機械学習

噂の「TensorFlowでキュウリの仕分けを行うマシン」がMFT2016に展示されていたので実物を見てきた

個人的には最近聞いた話の中でひさびさにワクワクした話。 「医療」「教育」「農業」のようなIT未開の分野に黙々と取り組んでいる人達はヒーローに見える Google Cloud Platform Japan 公式ブログ: キュウリ農家とディープラーニングをつなぐ TensorFlow 約…

「k-meansの最適なクラスター数を調べる方法」を書きました

会社の勉強会ネタとして以下の記事を書きました qiita.com この記事を書くきっかけになったのは以下の記事です mercan.mercari.com この記事では、デモグラ情報を持っていないユーザーを対象に、各ユーザの時間帯別のアクセス量を元にユーザをクラスタリング…

独学で機械学習を勉強したい人のための勉強本決定版か?「Python機械学習プログラミング」が良い感じ

4月から予約開始してようやく先日届いたpythonの機械学習本 Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践 (impress top gear) 作者: Sebastian Raschka,株式会社クイープ,福島真太朗 出版社/メーカー: インプレス 発売日: 2016…

今をときめくPythonの深層学習ライブラリー Kerasの日本語ドキュメントが公開

Kerasのドキュメンテーションの日本語訳は完成されました。https://t.co/u0tOJwyjRq 協力した皆さん、どうもありがとうございます! — François Chollet (@fchollet) 2016年6月12日 Kerasの作者 @fchollet 氏(Deep learning at Google)は日本への留学経験…

機械学習用の学習データをイチから自力で作るには愛がないと無理だと悟った

いつも面白いネタを書かれるすぎゃーん氏の機械学習ネタスライド コードや説明など細かく書いて公開されているのですごく勉強になる speakerdeck.com 上記のスライドのテキスト内容(ブログ記事)がこの辺になるらしい 機械学習の結果の精度はツール自体(ア…

SVMとRandomForestのお勉強

分析でSVMとRandomForestを使いたかったので尾崎先生の著書を写経。 そういえば、分析はいつもJupyter notebook上で行ってるんですが、そのコードを共有するのが如何せん面倒だった。 ipynbファイルを渡しても展開できない人がいるし、その都度 ipynbからhtm…

Webサービスにも存在する「不気味の谷」

この前、会社の研究開発部の方がおもしろい話をしていたので紹介したい。 ネタとしてはフレッシュではないが、Goolgeが提供するGmailにおいて、ディープラーニングによる"返信分のサジェスト"をサービスに加えようとしている話。詳細やサービスのイメージな…

Pythonの機械学習ライブラリ"scikit-learn"のお勉強

仕事でpythonの機械学習ライブラリ scikit-learnを使いたいのでその勉強をしていた土日でした scikit-learn: machine learning in Python — scikit-learn 0.17 documentation pythonも初心者レベルを抜け出せないし、機械学習のアルゴリズムはもっと謎なので…

機械学習でモノクロ動画をカラー動画に自動変換

Webでバズってる記事ですね。どうでもいんですが、「畳み込み」って響きがなんだか好きだなっていつも思います naotokui.net 自分もNHKの「戦時下の白黒フィルムをカラーにする」という番組を見てかなり衝撃的だったのを覚えています。一つには、かなり鮮や…