読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データの境界

なんちゃって理系がデータ分析業界に入ってからの汗と涙の記録。

ドローンは何を目指して進化を続けるのか

いやー!でましたね!Phantom4!

年末からPhantom3が値引きされてて、なんだかんだで8万くらいで買えそうだったのでモニョモニョ迷ってるうちに4が出ました。

www.youtube.com

www.borg.media

 

個人的に気になった進化ポイントは

・ 目的地を指定することで自走できるようになった(障害物も自動で避ける!)

・ヒトを認識して自動追尾出来るようなった

・時速72キロで飛ぶことが出来る

 

いやー!これは、自走でヒトを追っかけて「殺す」こともできるようになったね!それでお値段20万円を切る!

 

いやはや、ホントはドローンの進化に影を落とすようなことを言ってはいけないのだけど、大抵最初のテクノロジーは悪いことに使われる歴史を見ればそんなことも起こりますね。でも、意外にドローンが登場してから、ドローンによって起こされたテロや人死の話を聞かない(もしかしたらそういったことが起こっても情報規制しているのかもしれないが)。爆弾とか積んでヒトが多いところに落とせば大分インパクトの大きいテロになるのに意外に人間は悪いことをしないものだなーと感じるわけです。

そもそも、ドローンはどこまでのヒトが所有するものになるのでしょうか。今のスマホのようにあまねくすべての人が持つには、それほど用途が内容に思います。一般人はドローン買って何がしたいんだろう?空撮とかは何回かしたら飽きるし、もう後は悪いこと(盗撮とか?)に使うくらいなのではないか...

Phantom4のCMではスポーツするヒトにフォーカスしてる気がするのですね。走ってる自分撮れるよとか、バイクに乗ってる自分撮れるよ、みたいな。それでも現状の日本では東京マラソンのようなヒトが集まる場所でドローンは飛ばせないし、仮にとばせたとしても 28分しか持たないらしいのでその後は荷物になるしとても実用的な感じはしない。現在でもせいぜい、学校や企業が自社プロモーション動画を作るために空撮用にドローンを買ったりレンタルしてるくらいのような気がする。

もっともっとドローンの値段が下がって、かつ高精度に長時間飛ぶようになったとしても一般人は何に使うのだろう。いや、未来の人たちは今からでは想像もつかないようことにドローンを活用しているのかもしれない。ともあれ、Phantom4は何を目指してい進化し続けてるのだろうとフと思ったのだけど、漠然とした「良い未来」のために突き進んでいるのかもしれない。

 

そういえばほぼ同じようなタイミングでRaspberryPi3も発売されましたね!初代ラズパイから買い込んで何台も家にラズパイが転がっている人間からすればテンション上がる日でした。こちらについてはまだ今度。

japanese.engadget.com